使ってお得楽天カード

「貯めるなら~ら・ら・ら・楽天ポイント♪」というCMでお馴染みの楽天カードは、カードを使って、ポイント貯めて、ポイント使ってお得なポイントカードです。楽天市場で商品を買う際に、楽天カードを使うとポイント4倍!アプリからの買い物だと、なんと7倍になることも!インターネットで買い物をする際に楽天市場で、楽天カードを使えばみるみるポイントがたまり、貯まったポイントはお買い物の支払いに使用できます。しかも、楽天カードはカードを作る際の面倒な手続きは一切不要なので、簡単にカードが作れますし、カードを作る際にポイントまでもらえちゃうんです!無職のシングルマザーでも、カードを作ることが出来ました。こんなにお得なカードはほかにはありません。

クレジットカードの使い方も変化しました

私がいちばん最初にクレジットカードを作ったのは大学を卒業して社会人になったときでした。そのときは記念として大学の名前の入ったクレジットカードを作りました。私のように学校を卒業して社会人になることを機会にクレジットカードを作るひとが多いような気がしています。社会人ともなればクレジットカードの1枚や2枚普通に持っているものだと思います。社会人になりクレジットカードを持つようになっても持ち歩くことはしていませんでした。大切に自宅の机の引き出しの奥に仕舞っていたものです。パソコンのようなちょっと高額なモノを買いに行くときだけクレジットカードを机の引き出しの奥から持ち出して使っているような感じでした。それが今では常にお財布の中にクレジットカードを入れて持ち歩くようになっています。その目的はポイントを溜めるためです。若いころはクレジットカードを使うのにも少し緊張していたものでしたが、いまでは当たり前のように日常的に使用しています。

ポイントが楽しみなクレジットカード

私は買い物の際はほとんどいつも、クレジットカードを利用しています。それには幾つかの理由がありますが、その一つは、お金を持ち歩かなくても良い、ということです。また、クレジットカードで支払いをするとポイントが貯まり、そのポイントはカードの利用代金の支払いに充てることが出来るので、お得感があるということです。私のカードの場合、一カ月の利用代金の合計の1%がポイントになります。それに加えて、特定の店舗でこのカードを利用した場合はポイントが3倍付きます。つまり、利用代金の3%がポイントになるのです。それで、トイレットペーパーやティッシュペーパー、石けんや洗剤などの消耗品は、この店でまとめて買うようにしています。このように、これからもポイントを楽しみにしつつ、クレジットカードを活用していきたいと考えています。

ANAカード

私の場合ANAカードをメインに使用しています。他にも楽天カードなども持っていますが、基本的にはANAカードで支払いをします。光熱費や、携帯代、ガソリン代、車の保険料などカードで支払えるものは基本的にカードで支払います。同じ金額を払うにしても銀行での引き落としでは得られないカードのポイントがたまるからです。私の場合JCBのANAカードなので支払い額に応じてJCBのポイントが付きます。JCBのポイントをANAのポイントに変換して飛行機に乗ったりしています。ANAのポイントに変換するとANAのポイントとしての有効期限になるので、ポイントをためることができます。普通の生活で使うお金をカードの支払に変えるだけで、1年に1回は飛行機で大阪~東京の往復ができてしまいます。カード会社はいろいろありますので現金払いの方は是非カードでポイントをためてみてはいかがでしょうか?

上手に利用できるお得な楽天カードについて

クレジットカードは楽天カードを愛用しています。年会費無料で、私が申し込んだ際には条件付きでしたが、楽天ポイント10,000円分還元キャンペーンを行っていたので、大変お得でした。楽天カードを作るまでは、クレジットカードを持っていなかったのですが、歯科での治療費の支払いに使う事もできました。かなり大きな額だったので、ポイント還元による1%割引になって、とても助かりました。こういった病院での治療費にもポイントはしっかり貯まるので、もっと早く作っておけばよかったと少し後悔しました。貯まったポイントは楽天市場で、いつも買い物をする際に使っています。1ポイント1円分として利用できます。楽天お買い物マラソンの開催中はポイント還元率がアップするので、その期間中に買い物をしています。楽天カードは上手使うと、とてもお得なクレジットカードです。

自分の街の鉄道会社系クレジットカード

鉄道会社系のクレジットカード、とてもおすすめです。自分の住んでいる街の鉄道会社のクレジットカードを持っていると、メリットがたくさんあります。まず、定期券を使用している場合に、定期購入で少しですがポイントとなります。定期券は常に購入するものなので、チリも積もれば…です。そして、おそらく百貨店との提携がほぼあります。小田急線なら小田急百貨店、東急線なら東急百貨店と言った具合に、沿線沿いには百貨店があるので、ここでもまた使用ポイントをためる事ができます。そして、百貨店によっては来店ポイントといったものもあるので、とてもお得になるのです。それ以外にも、自分の沿線の地域のサービスが至る所にあるはずです。自分の住んでいる街にある鉄道会社のクレジットカード、一枚あると必ず重宝します。

クレジットカードを利用する端末のセキュリティを万全に

実際に現金の受け渡しをするのとは違って、情報によって金銭のやり取りをするクレジットカードはネットを通じて行われる支払いに非常に向いていると言えます。しかし最近ではPCに限らず、スマートホンやタブレットを利用していても悪意を持ったウィルス等の脅威によって大切なクレジットカードの情報を盗み取られるという事がありますから、ネットに繋いでクレジットカードを利用するような端末はウィルス等の脅威に対する対策をしっかりと行っておくべきでしょう。利用している端末の安全を確保するには、信頼のおけるセキュリティソフトを利用するというのが一般的ですが、現在利用している端末が問題ないか調べる方法としてそれらのセキュリティソフトを開発している会社のホームページ上でウィルススキャンをすることも出来ますので、心配ならまずそちらを試してみると良いでしょう。

生活スタイルによりマイルとポイントを使い分ける

夫が単身赴任をしていたとき、月1~2で飛行機を利用して帰ってきていたので、クレジットカードでマイルをためていました。東京~福岡間だったので、1往復にに溜まるマイルも多く、そのため2年に1度くらいは家族3人で飛行機を使って旅行するときに、マイルを使い飛行機代はただで行くことができていました。6年間の単身赴任を終えたあとは、マイルよりもポイント還元のほうが溜まりやすくなったので、今度はポイントに変えました。それでも公共料金や家賃などもクレジットカード引き落としにすることで、今度は2年に1度、家族旅行の宿代くらいに溜まるようになりました。飛行機をよく利用する方はマイルで、そうではない方はポイントで、生活スタイルによりお得に使い分けることをお勧めします。

意味がなかったゴールドカード

普段からあまりクレジットカードは利用していなかったのですが、なんとなくゴールドカードへの憧れがありました。勤続年数もある程度長くなってきたので、ゴールドカードの申し込みをしました。普段使っているクレジットカードは、年会費が実質無料になるものでしたが、ゴールドカードは年会費が一万円以上かかると知ってビックリしました。カード自体はあっさり発行されたため、なんだか拍子抜けしたのを覚えています。実際には、以前から使っていたカードの方がポイントが付いたり、スイカにチャージが出来たりとお得だった為、お財布の中の飾りとなっていました。ステータスと思っていたゴールドカードも、そもそも人に見せる機会もなければ、一般人にはあまりメリットのないカードだったんだと、改めて気づきました。

クレジットカードにおける被害を防ぐための自己防衛

 クレジットカードの詳細についてわかるWEBの管理画面へアクセスするためには、IDとパスワードを入力しなければならないです。このIDとパスワードですが、他と共通して使わないほうが無難です。なぜなら、セキュリティを強化するためにはそのほうが良いからです。 最近ではクレジットカードの情報を狙った不正ログインが多発しており、各自で警戒を強めていくしか対処のしようがありません。他と共通しているIDとパスワードでは何かあったとき不正ログインを許してしまうかもしれませんので、そうならないよう自己防衛していくしかないです。 クレジットカードのトラブルはお金が必ず絡みますのでそれは避けなければならず、きちんと自己防衛しなければいけないです。