1枚持っていると安心なのがクレジットカード

私は何枚かクレジットカードを作って持っていますが、普段は落としてしまった時のリスクを考えて1枚だけメインで使っているカードを財布に入れるようにしています。クレジットカードを常に持ち歩いている事については前述しましたように落とした時や盗まれた時のリスクもありますが、メリットも当然あります。それは手持ちの現金が足りなくなってしまって咄嗟の時の決済に役立つという点です。特に旅先であれば、VISAカードを1枚持っていれば海外でもほとんど問題なく決済が出来るわけですし、現金をたくさん持ち歩く事を考えても安全なのではないかなと思います。

クレジットカードは3枚までにしたい

今クレジットカードは学生でも持てる時代で、複数枚所持する人も多いですね。意図して作るカードもあれば、ポイントカードや会員カードにクレジット機能が付いてくるものもあります。知らないうちにどんどん増えてしまうというケースも少なくないはずです。それらを全部管理できているのであれば問題はないのですが、クレジットカードを持つということはキャッシングなどをすることも考えられるので、負債を抱えているという意味もあります。複数枚持ったとしても日常的に利用しているのは、せいぜい2,3枚までではないでしょうか。できれば少し整理して、自分で使い分けできるようにした方が良いでしょう。メインカードとサブカード、予備に1枚くらいにしておく方が使いやすいですし、ポイントも貯まりますね。