クレジットカードの使い方も変化しました

私がいちばん最初にクレジットカードを作ったのは大学を卒業して社会人になったときでした。そのときは記念として大学の名前の入ったクレジットカードを作りました。私のように学校を卒業して社会人になることを機会にクレジットカードを作るひとが多いような気がしています。社会人ともなればクレジットカードの1枚や2枚普通に持っているものだと思います。社会人になりクレジットカードを持つようになっても持ち歩くことはしていませんでした。大切に自宅の机の引き出しの奥に仕舞っていたものです。パソコンのようなちょっと高額なモノを買いに行くときだけクレジットカードを机の引き出しの奥から持ち出して使っているような感じでした。それが今では常にお財布の中にクレジットカードを入れて持ち歩くようになっています。その目的はポイントを溜めるためです。若いころはクレジットカードを使うのにも少し緊張していたものでしたが、いまでは当たり前のように日常的に使用しています。

ポイントが楽しみなクレジットカード

私は買い物の際はほとんどいつも、クレジットカードを利用しています。それには幾つかの理由がありますが、その一つは、お金を持ち歩かなくても良い、ということです。また、クレジットカードで支払いをするとポイントが貯まり、そのポイントはカードの利用代金の支払いに充てることが出来るので、お得感があるということです。私のカードの場合、一カ月の利用代金の合計の1%がポイントになります。それに加えて、特定の店舗でこのカードを利用した場合はポイントが3倍付きます。つまり、利用代金の3%がポイントになるのです。それで、トイレットペーパーやティッシュペーパー、石けんや洗剤などの消耗品は、この店でまとめて買うようにしています。このように、これからもポイントを楽しみにしつつ、クレジットカードを活用していきたいと考えています。